ガンコの概要
 

キャラクターデザインのページ

 

DTPの実績・Webのページ

 

ガンコのイラストレーションギャラリー

 
ガンコのコンセプト
 

グラフィックデザイナーは、クライアントの要望に添って無の状態からデザインを書き起こします。
商品イメージを伝えるには、シンプルでインパクトのあるデザイン性の高いものを。
情報サービスであれば、誰にでも的確に伝わるデザインが必要となってきます。

デザインを生み出す上で、デッサンやラフスケッチといった作業が最も重要な要素を秘めています。
アイデアやラフスケッチの段階を経てデザインの基が生まれ、これを咀嚼して形になっていく、
ここでデザインの良し悪しが決まり、デザイナーの力量が計られる訳です。
そしてこの繰り返しこそがデザイナーの感性を磨き、スキルを上げることに繋がります。

今やパソコン一台あれば何でも出来る時代になりつつあります。
簡単なデザインなら誰にでも出来てしまう訳で、グラフィックデザイナーの存在は薄れがちですが、
図柄と文字を並べてただ、見てくれがよければ良い訳ではありません。













世界中がデジタルの時代になっても、
私には筆記用具や紙といった道具は手放せません。
やはり、物事の根底にはアナログが鍵を握っている気がするのです。
どんなに時代が発展しようとも、人の手による微妙なニュアンスや柔軟な表現は、
機械に勝る武器だと思っています。
タブレットなどもありますが、Gペンやサイペンの独特の柔らかいタッチはパソコンには出来ません。
だからこれからは、適材適所で用途に合わせいて使えばいいのではないかと思っている次第です。


会社概要   本サイトのご利用について   著作権について   個人情報保護に関する取組み   お問い合わせ   サイトマップ
このホームページに掲載されている画像データを無断でコピー及び使用する事を禁じます。